【Apex Legends】新機能 クラフトシステムについて・注意点など【エペ シーズン6 新要素】

今回は2020年8月18日にアップデートが配信されシーズン6となった『Apex Legends』の新要素クラフト機能についての記事となります。

 

クラフトシステム

クラフトはレプリケーターという機械で行うことができます。

 

クラフトするには「材料」と呼ばれるポイントが必要で、材料は円筒形の“デポジット”から多めに手に入り、

アイテムボックスをからは少量入手することができます。

 

レプリケーターを起動させると、円形のリストが表示され、武器やアタッチメント・ホップアップ・回復アイテムなどを材料ポイントを消費して作れる。

 

作成できるアイテムは日替わり・週替りのローテーションとなっているものがありこのアイテムは一定期間で変わる。

 

注意点としてはウィークリー・デイリーとなているアイテムは、地上に出現しない点

 

また、クラフトには少し時間がかかる。

この時、近くにいる敵にもクラフトまでの時間が表示されるので、

近くの敵にクラフトをしていることがばれる危険性がある。

 

デイリーの武器とアタッチメントは互換性を持つものが対象となっていています。

たとえば、EVA-8 + ダブルタップ + スレットスコープ(1倍)がデイリーとなっていたり、

ロングボウ + スカルピアサー + 4~8倍可変式スナイパー がデイリーとなっていたりします。

 

アイテムをクラフトするにはそれぞれポイントが異なるので、作りたいアイテムをあらかじめ決めておいて、必要なポイントを集めてから、クラフトすると効率良い。