ゲームブログ



【鬼ノ哭ク邦】体験版の感想・レビューを少々…!モッサリ感はあるが…!駆け引きが楽しい!?【オニノナククニ】

 
【鬼ノ哭ク邦】体験版の感想レビューを少々…!モッサリ感はあるが…!駆け引きが楽しい!?【オニノナククニ】
この記事を書いている人 - WRITER -

今回は8月22日に発売された、PS4/Nintendo Switch/PC(Steam)用ゲーム『鬼ノ哭ク邦』の体験版をプレイしてみたので感想を少し書いていきたいと思います。

 

鬼ノ哭ク邦 体験版の感想

まず、鬼ノ哭ク邦はアクションRPGとなっています。

 

【鬼ノ哭ク邦】体験版の感想レビューを少々…!モッサリ感はあるが…!駆け引きが楽しい!?【オニノナククニ】

少し昔の感じのアクションRPGで視点の切り替えなどはなく、見下ろし型の視点でキャラを操作していきます。

グラフィックもリアルとは言えないデフォルメされた感じになっています。

いい意味で簡単な作りとなっているので、すんなりとゲームに入れる作りになっていると思いました。

 

肝心のアクション面は、モッサリ感があります。

なんかスピード感にかけるなあ…と思ったら、攻撃後に硬直時間が発生するのが原因でした。

それゆえ、攻撃するタイミングを計りながらプレイするため、若干テンポが出なくなっています。

 

【鬼ノ哭ク邦】体験版の感想レビューを少々…!モッサリ感はあるが…!駆け引きが楽しい!?【オニノナククニ】

複数の敵を相手にする時に、技を使って一気にダメージを与えられるのは良かった。

 

 

斬新だったのが2つの世界を行き来して進めていくシステム。

 

【鬼ノ哭ク邦】体験版の感想レビューを少々…!モッサリ感はあるが…!駆け引きが楽しい!?【オニノナククニ】

生者の世界“現シ世”と死者の世界“幽リ世”。

特に“幽リ世”はすべての攻撃が『クリティカル』になる所が驚きました。

これにより、こちらが攻撃するときは“幽リ世”にして、その他の時は“現シ世”にして、と言ったようなバトルの駆け引きが生まれるので面白かった。

 

 

【鬼ノ哭ク邦】体験版の感想レビューを少々…!モッサリ感はあるが…!駆け引きが楽しい!?【オニノナククニ】

またアクションを大きく左右する“鬼ビ人”をリアルタイムで切り替えられる点もイイ。

「ここは槍の技で、敵を一掃しよう」、「ここは剣のスピード技を活かして切り抜けよう」

といった切替がリアルタイムでとれるところがグッド。

 

ストーリーは若干暗めなのかなと最初は思いました。

しかし、独特の世界観があると切り替えると良いかもしれません。

【鬼ノ哭ク邦】体験版の感想レビューを少々…!モッサリ感はあるが…!駆け引きが楽しい!?【オニノナククニ】

と言うのも、主人公は「逝ク人守リ(いくともり)」で、死者の未練をなくて、輪廻転生を手助けするのが任務となっています。

 

【鬼ノ哭ク邦】体験版の感想レビューを少々…!モッサリ感はあるが…!駆け引きが楽しい!?【オニノナククニ】

輪廻転生、生きる者、死せる者。

死を悲しむことは死せる者を輪廻転生の輪から外してしまうという世界。

まだ序盤なので、何とも言えませんが、独特の倫理観のある世界と割り切って進めて行くといいのかと思いました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© GAME魂.com , 2019 All Rights Reserved.